091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

やっと落ち着いたと思ったのに その後

だいぶ報告(する必要あるのか謎だ)が遅くなりましたが
一応どうなったかの顛末は必要なの?かなと思いましてのお話。

結論から言うと、前回も書きましたが猫様復活しました
後遺症(麻痺)らしいものも残らず、以前と変わらず過ごしております
麻痺が残ったまま歩行に影響が出たままだったら今頃どうなっていたかは分からないけど(人間でもあるでしょ?歳とってからの骨折って心理的にね)少し時間はかかったけど元に戻ったのはやはり症状が軽かったからなのか何なのか
何にしても良かったなと思っています


さすがに今回急だったのもあって焦りに焦った
メインクーンだと発症率高いとは聞いてて、うちはノルウェイジャンだし(差異はないんだけどねw)そこまで心配ないか~とか思ってたから余計ね
絶対ならないわけではないからなってしまったか…と。
今回は軽度で済んだけど今後もなる可能性を考えると…心臓や脳で詰まったら…考えてもキリがないから考えないけどね

今回の事で心臓の薬を飲み続けなきゃならなくなったんだけど、心臓への負担が増えて肺水腫にならないよう水分を抜くために利尿剤も一緒に飲むことにもなってしまい
元々腎臓が弱いうちの猫様は利尿剤で腎臓までやられてしまう可能性も考慮してバランスを取るのが大変になってしまったりと(´∀ `;)
結局のところ一難去ったようで去ってないような微妙なラインではあるんだけど、これもまた猫様の運命。
何事も割り切りが肝心
なったものはなったもの、あとはもうやる事やってどうなるかしかないしね
見守るしかないですわぁ

そんなわけで今回は無事切り抜けましたよってお話でした。
納得いかない?それは知らないw
 
関連記事

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いらっしゃいませ

最近の記事

最近のコメント

データ取得中...

カテゴリー

アーカイブ

ブログ内でお探し

お便りはここから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム