1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

観て来た

ダンケルク

何かドラマチックな展開をわくわくして観てしまうと残念な結果になることは否めないかなと
如何にも戦争映画!というような展開はないからね
ダンケルクに追い込まれた連合軍兵士を救出するために、民間船(船と言われるものであれば漁船だろうとヨットだろうと)もこぞって向かったよっていう史実を淡々と映像化した感じ

派手なドンパチがあるわけでもない(一応空爆や空戦はある)
台詞も少ない(特に主人公?サイドのセリフの少なさは凄い)
脱出する兵士サイド、救出に向かう民間船サイド(常に同じ一艇の乗員視点)、援護する空軍パイロット二人(おまけでお偉いさんサイドも入れるべき?)のそれぞれの時間軸がくるくる展開されて、全体通すとさほど内容が詰め込まれてるわけではない

あ、こう書くとつまらないのか?と思われるかもしれないが、そんな事はない(いや、人それぞれではあるがね)

CG使わないクリストファー・ノーラン監督の表現方法として考えたら凄いなと思う映像だった、よくやるよなと(いい意味で!上からとか見てないからっ)
セリフは元から少ないけど完全になくてもそれとして観れる気がした(たぶん無声映画でも不思議に思わなかった)
戦争映画っていうのは面白い面白くないで語るものではないから感想なんてないんだけど私はこの作品嫌いではない
そして最後に一つ…

主人公(?)の行動でどーしても表現したい言葉があるんだけどネタバレ的な表現になるから言えないジレンマっっ
観に行った人だけには絶対分かってもらえる的確な表現だと思うから言いたいーーーーっっんだけど言えないっ
このモヤモヤをどこにぶつければいいのかッ
 
関連記事

コメントの投稿

secret

COMMENT

クリストファー・ノーラン監督の表現方法結構気に入ってたりする、あまりCGとか使わないし、過度なグロとか無いし、フィルム独特の映像表現もいい味出てるからね。

この作品は色々な視点で描いたドキュメント映画ってことでOK?

♠ ビッグさん ♠
今回もたくさんいる兵士の一部は兵士描いた板くりぬきしたらしいねw
グロらいしいグロもなかった(逆にそれが「リアリティガー」って思う人もいるか?w)

ドキュメント作品とするには”足りない視点”があるから微妙なところかな
 

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いらっしゃいませ

最近の記事

最近のコメント

データ取得中...

カテゴリー

アーカイブ

ブログ内でお探し

お便りはここから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム